「ダイオードレーザー」とはどんな脱毛機?

 

クリニックの医療レーザー脱毛で使われている機械は主に、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー(YAG)」の3種類に分類されます。

今回は人気の高い「ダイオードレーザー」の特徴について詳しく解説していきます!

「ダイオードレーザー」で脱毛できる仕組み

ダイオードレーザーで脱毛できる仕組みは、医療脱毛マシンから照射されるレーザーは、熱変換をして毛乳頭などを破壊します。

茶色や黒色に吸収しやすいのが、医療レーザーの特徴です。

医療レーザーが利用をしているのは、レーザー光が熱に変える仕組みを持っていることであり、この原理があるからこそ、毛根を破壊するだけの威力で、ムダ毛を生えてこさせないようにできます。

サロンのように少しだけダメージを与えるわけではなく、毛根から破壊をするので永久脱毛の効果があります。

ダイオードレーザーの種類は?

ダイオードレーザーの種類には種類がありますので、クリニックによっても採用マシンには違いがあります。

「ライトシェアデュエット」は、日本人の肌に適した医療レーザー脱毛マシンです。国内の医療クリニックでの採用においても、最も採用率の多い脱毛マシンでもあります。

レーザー照射の際に肌はハンドピースでの吸引ができますので、独自の吸引システムを搭載しているマシンです。

「メディオスターNeXT PRO」も人気が高い脱毛マシンであり、施術時の痛みが少ないうえに、肌へのダメージも少ないマシンです。

熱破壊衝撃が少ないのは、蓄熱式脱毛理論という理由があり、照射の際の刺激も少ないうえに、皮膚へのやけどのリスクも少ない安心の医療脱毛マシンです。

産毛にも脱毛効果はあるの?

ダイオードレーザーの脱毛マシンは「産毛には効果があるのか?」という疑問ですが、効果はあります

まず医療脱毛マシンは、黒いメラニン色素への反応を条件としていますので、色素の薄い毛は反応が若干鈍くはなります。

脇やビキニラインの若いりやすい毛が抜けやすい半面で、色素の薄い毛は抜けていくのもゆっくりです。

しかし効果がないわけではなく、反応が遅いというだけなので、根気よく医療レーザー脱毛を受けていくと、時間は周囲の毛よりもかかりますが、やがてムダ毛は減っていきます。

医療脱毛マシンは、少しでも色素のある毛であれば、反応をすることができるマシンです。細い毛や薄い色の毛は、高い出力ではなく、低いパワーで気長に医療レーザー脱毛をすることです。

こだわり検索