「アレキサンドライトレーザー」とはどんな脱毛機?

 

クリニックの医療レーザー脱毛で使われている機械は主に、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー(YAG)」の3種類に分類されます。

今回は美肌効果の高い「アレキサンドライトレーザー」の特徴について詳しく解説していきます!

アレキサンドライトレーザーの種類は?

アレキサンドライトレーザーと呼ばれている機械は一種類だけではなく、数種類が存在しています。

代表的なものとしてはサイノシュア社による「アポジーエリート」や、シネロン・キャンデラ社の「ジェントルレーズ」、それにYAGレーザーも使用できる「G-MAX」などが挙げられます。

どれも脱毛器として定評のある機器となっており、しっかりとした効果を期待することができるでしょう。

自分に合った種類の脱毛器を選ぶことで、トラブルのない脱毛がきます。

美肌効果も期待できる!

肌を傷めないアレキサンドライトレーザーは、美肌への効果も期待できるのが特徴です。自分でする脱毛は皮膚への刺激を伴い、場合によっては色素沈着を引き起こします。

沈着した色素は痕となって残り、脱毛に成功したは良いものの、肌が汚くなってしまった、荒れてしまったという事態を引き起こしかねません。

アレキサンドライトレーザーの照射によって肌の活性化を促し、シミを消す効果があるとされています。

これはレーザーの照射によって、肌がコラーゲンを生みだす結果によるもので、素肌を美しくすることができます。

アレキサンドライトレーザーは、脱毛だけではなく美肌効果もあるレーザーとして、より美しくなりたい女性の注目を集めています。

産毛には効果が薄いかも

たくさんのクリニックで利用され、安定した効果を発揮するアレキサンドライトレーザーですが、残念ながら産毛には効果が薄くなりがちです。

これはアレキサンドライトレーザーの基本的な仕組みによるものです。アレキサンドライトレーザーは毛に含まれるメラニンに反応し、黒色を目印として脱毛を行います。

このため、そもそも色が薄かったり、メラニンの少ない細い毛は捕らえきることができず、結果的に脱毛しきれない可能性が高くなります。

脱毛用レーザーはそれぞれの機器によって向き不向きが存在しています。

アレキサンドライトレーザーでの脱毛は、メラニンの薄い毛や細い毛は効果が発揮しきれないことをあらかじめ理解しておく必要があります。

こだわり検索