脱毛クリニックのレーザー脱毛(永久脱毛)とは?

 

脱毛にはサロンの光脱毛と、クリニックのレーザー脱毛があります。

どちらの方が良いの?と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

今回は「レーザー脱毛」について詳しく解説していきます。レーザー脱毛のメリットやデメリットを知ることで、自分に合った脱毛機を選択しましょう!

「レーザー脱毛」で脱毛ができる仕組み

脱毛で使われるレーザーは、黒い色に反応するという性質があります。そのため、メラニン色素を持つ毛に集中的に向い、肌へのダメージが少ないです。

毛根には、毛の生える元になる、毛乳頭という部分がありますが、レーザーによって破壊されるので、毛を作ることができなくなります。

一度破壊されると、二度と再生されないので、レーザー脱毛は効果的に毛をなくすことができます。人間の毛は生え変わっているので、施術を何度か繰り返すことで毛のない状態にします。

レーザー脱毛は永久脱毛なの?

永久脱毛とは、施術すれば一生毛が生えてこないという意味ではありません。脱毛の施術の後、1カ月たった時点での毛の再生率が20%以下であることを言います。

レーザーは毛乳頭を破壊する脱毛ができるので、この定義に当てはまる施術が可能です。20%よりも少ない数字であるので、ツルツルになったと実感できる脱毛方法です。

実は、国が認めた脱毛というのは、レーザー脱毛しかありません。

エステで行われているフラッシュ脱毛は、正確には脱毛ではなく、抑毛と呼ばれる施術で、ツルツルにすることができないので注意しましょう。

ムダ毛のない状態を目指すのであれば、フラッシュ脱毛よりレーザー脱毛の方が効果的であるということが分かっています。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

レーザー脱毛のメリットは、医療機関で行う脱毛なので医師の診断の後に施術が受けられ、安全性が高いということです。

エステの脱毛ではレーザーを使うことができず、何回も通う必要がありますが、レーザー脱毛であれば5~6回ほどの少ない回数で脱毛が終わります。

痛みが強いというデメリットもありますが、最近の脱毛機は以前と比較すれば痛みが弱くなり、麻酔クリームを使うことで、痛みのない脱毛が可能です。

また、エステと比較すると料金が高いという面もあります。エステでは、医療スタッフがいないので、その分の人件費が浮くためです。

医療機関の脱毛は効果があるけれども高いと感じている人もいますが、エステで効果のない脱毛をするよりも、初めからクリニックで行った方が費用も時間も節約できます。

こだわり検索