レーザー脱毛って解約・クーリングオフはできるの?

 

クリニックでレーザー脱毛を契約したけれど解約したい…他のクリニックにすればよかった…などと後悔する人もいるのではないでしょうか?

クリニックで契約した場合クーリングオフはできるのか、または途中解約する方法を解説します!

現在クーリングオフは適用されない

クーリングオフとは主に訪問販売や電話勧誘による契約を解除できる制度です。

サロンでの光脱毛の場合はクーリングオフが適用されますが、クリニックでのレーザー脱毛は特定商取引法適応外なり、現在はクーリングオフが適用されません

レーザー脱毛に限らず、契約をする際は良く考えて熟考の上、契約する様にして下さい。安易に契約してしまうと、後々トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

全身脱毛となると高額な金額なので「本当に自分に必要なのか」「金額を払っていけるのか」等を検討し、即断で契約しない様にする注意が必要です。

今後医療脱毛のクーリングオフ・途中解約が可能に!

しかし今後、特定商取引法の政令が改正が行われ、クーリングオフによる途中解約が可能になります。背景として、医療脱毛に関するトラブルが多い為です。

きちんと運営されているクリニックも多数ありますが、無料体験を謳い、施術を行い強引に高額契約を勧誘したり、低額のコースで、オプションにより高額な契約を迫ったりと業界の悪い噂は後を絶ちません。

ニュースにも度々取り上げられています。この様な事が法改正に繋がった要因の一つではないでしょうか。

利用者がどのクリニックでも安心して、施術を受けられるのであれば問題がないのですが、現実的には売り上げ利益の追求があるので、強引な勧誘が後を絶ちません。

法改正の影響により業界の健全化が望まれます。

途中解約できるクリニックもある!

現在クーリングオフが適用されない中、解約手数料を支払うと途中で解約できるクリニックもあります。

後々後悔しない為にも、契約時には「途中解約が出来るかどうか」の確認と「解約手数料がいくらかかるのか」確認を必ずしておきましょう。

また途中解約が出来るからと言って安易に途中解約をする事もお勧めは致しません。

今までの施術と時間が無駄になってしまいます。できるだけ途中解約をしなくても良いように契約時にはしっかりと説明を聞いて、自分が納得できてから始める事をお勧め致します

今はインターネットで口コミや評判も確認できますので、そのあたりを調べてから契約しても遅くはないです。

カウンセリングで即決せずに、少しの時間をかけて冷静に頭を冷やした上で、本当に必要な場合のみ契約して下さい。

こだわり検索