脱毛中の自己処理方法とは?毛抜きはNG!

 

脱毛中毛って剃っていいの?処理の方法は?

など…脱毛している人には気になる「脱毛中の自己処理」について解説します!

正しい方法で処理をしよう!

脱毛期間中でも何度も施術を受けなければ、ムダ毛は減ってはいかないですし、ムダ毛はまだ伸びます。ある程度回数を重ねなければ毛が生えてきますので、ムダ毛を自分で処理する必要があります。

セルフでのムダ毛処理は必ず必要になるので、脱毛に影響が出ないよう、正しい方法で処理をしましょう。

予約の前の日にも必ず自分でまだ生えてくるムダ毛を処理しなければならないので、前日にはシェービングを済ませます。

伸びたままでは施術を断られる場合もあるので、自分で短くするシェービングが必須です。

毛抜きで処理は絶対にNG!その理由とは?

毛抜きで処理は絶対にNGであるその理由は、ムダ毛を根元から抜いてしまうためです。

脱毛は根元の毛を成長させるための組織に、特殊なレーザーや光を照射して、強いダメージでムダ毛を減らす方法になります。もしもムダ毛を根元から引き抜いてしまえば、すぐれた光やレーザーの照射をいくらしても、ムダ毛を減らす効果を得ることができないです。

ムダ毛は抜いたくらいであれば、ひと月もすればまた毛は生えそろいますが、その期間は脱毛ができないために、毛のサイクルが乱れます

ムダ毛への施術はヘアサイクルを守ることが大事であり、そのうえで毛の根元が残っていないと効果は出ないです。毛を抜くことで、毛穴の皮膚もダメージを受けて、肌荒れを起こしやすくなります。

脱毛中の自己処理は電気シェーバーがおすすめ!

脱毛中の自己処理は、電気シェーバーがおすすめです。

手軽なのは安くて身近ですぐ手に入る、T字の剃刀ですが、剃刀は刃を直接肌へあてる行為になります。皮膚に剃刀の刃を当てて処理すると、ムダ毛も処理ができますが、剃刀を当てた部位の皮膚は傷がつきます

見た目にはよくわからなくても、剃刀処理後には水がしみますから、皮膚に傷がつく事も実感ができます。制汗剤などを使えば、脇などのムダ毛の剃刀処理後は、刺激が強くて痛みを感じます。

剃刀は安くて便利な反面で、肌には強いダメージです。

電気シェーバーは直接人の肌に刃が触れないために、皮膚を荒らすことも少ないです。安全な設計で製造をされているので、全身のシェービングにも安心の利用ができます。

こだわり検索