脱毛前日の自己処理方法とは?前日に処理が必要なワケ!

 

脱毛するには必ず、前日にシェービングをする必要があります。
なぜ毛の生えた状態で脱毛ができないの?今回はそんな疑問にお答えします。

また背中やうなじなど、自分では処理できない箇所の処理方法についても解説します。

なぜ自己処理しないといけないの?

なぜ自己処理しないといけないのかですが、安全に脱毛をするためにも必要だからです。一般的にも脱毛の効果を出す仕組みというのは、毛根組織にあるメラニン色素への反応で導き出されます。

もしもムダ毛処理をしないままで、強い脱毛の施術を受けてしまうと、長い体毛に光やレーザーは反応をするので、皮膚にやけどをする危険も出てきます。

ムダ毛は根元だけが残っていればよいので、前日までには長いムダ毛をシェービングして、安全に脱毛のお手入れを受けます。

基本的に自己処理をしてから行きましょう!

脱毛サロンや脱毛クリニックでの予約は、基本的に自己処理をしてから行くのが鉄則です。

それぞれの脱毛施設には、ムダ毛処理のルールが設けられてはいるものの、基本は自分で脱毛をする個所の自己処理を終わらせるのが条件になります。

ムダ毛を伸ばしたまま処理できるのは、ワックス脱毛やニードル脱毛ですが、多くの人が利用をするのは、光脱毛や医療脱毛です。自己処理が条件になりますので、施設によっては自己処理ができていないと、その箇所を脱毛できないこともあります。

サロンやクリニックによっては、剃り残しなどは有料での対処をしてくれることもあります。中には一切スタッフが処理しないということを、徹底している施設もありますので、事前の自己処理は慎重です。

手の届かない範囲の自己処理は?

手の届かない範囲の自己処理は、スタッフによるシェービングサービスで処理をします。

事前に確認をするべきことは、対象となるパーツと費用についてです。脱毛が全身を対象にしていますので、すべてのパーツのムダ毛は、事前に処理する必要があります。

しかし人間の体は平たんではなく、手の届かない後ろ側や確認のしにくいデリケートパーツなど、自己処理では難しい場所は必ずあります。自分で処理できないパーツは、サロンやクリニックで処理できるパーツかは確認します。

費用面も重要であり、有料でのサービスの場合は、処理費用がいくらかを事前にリサーチする必要があります。中には手の届かない場所だけは、無料でシェービングしてくれるところもあります。

こだわり検索